直腸の解剖と神経支配

外肛門括約筋は横紋筋で陰部神経支配です。                                    内肛門括約筋は平滑筋で交感神経(下腹神経)および副交感神経(骨盤神経)に支配されます。             畜便は交感神経(下腹神経)により内肛門括約筋が閉まり畜便されます。                       排便は副交感神経(骨盤神経)により直腸を収縮、同時に内肛門括約筋を弛緩させ、次に皮質からの指令で陰部神経支配の外肛門括約筋を弛緩させて排便に至ります。

排便管理

目的

①出来るだけ有効で容易な排便法を確立する                                    ②定期的に直腸を空にして便失禁を防ぐ                                      ③合併症を防ぐ

方法

①病態に応じた排便法食事療法および薬物療法を実施                               ②リハビリテーション                                             ADLのレベルにより排便方法は異なるので、身体能力の向上は大切である                                                ③排便時間(スケジュール)を見つける                                      ④病院では社会復帰後に実用可能な排便法を確立する

排便のメカニズム

ちょっと、一息

ゴニオメーターの軸が伸縮するイクステンドゴニオメーターをご存じでしょうか?                これは、ゴニオメーターの基本軸と移動軸が自由に伸縮するため、関節の大きさに適合した長さのゴニオメーターで測定が可能になり、測定値がより正確になります。

          イクステンドゴニオメーターは5色の透明色があります

               Cobb法にて脊柱側湾の湾曲度を測定(蛍光グリーン色)

湾曲度=25°

詳しくは「商品紹介」をご覧下さい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サンハローはゴニオメーターや動作モニター計の設計・製作・販売を行っております。

コメント

コメントする

目次