排便障害(2)

脊髄損傷による排便障害は、以下のように分類して考える

1⃣核上型:高位中枢とS2,3,4 仙髄中枢間の神経経路が損傷された場合                         2⃣核型:S2,3,4 仙髄排便中枢自体の損傷の場合                                      3⃣核下型:馬尾神経の損傷の場合

1⃣核上型では痙性膀胱と同様に、①大腸は痙性状態(痙性大腸というとなる。                     ②同時に、肛門括約筋の緊張が高まる(排尿の外尿道括約筋の緊張が高まるのと同じ)                 ③痙性大腸のため便の移動時間は延長し、停滞傾向になるため便秘になり易い。                               ④便秘は直腸を刺激して求心性刺激が排便中枢S2,3,4に入り、排便反射が起こる。➡ 反射性便失禁

2⃣3⃣核・核下型では尿における弛緩性膀胱と同様、①弛緩性直腸となり                        ②下位大腸の蠕動運動が消失する。                                        ③②により、大腸で便の滞留が長くなると便の水分は吸収され硬化するので                                 ④便秘となる。                                                    ⑤外肛門括約筋弛緩するため ➡ 便失禁 の確率が高くなる。

ちょっと、一息

ゴニオメーターの軸が伸縮するイクステンドゴニオメーターをご存じでしょうか?                これは、ゴニオメーターの基本軸と移動軸が自由に伸縮するため、関節の大きさに適合した長さのゴニオメーターで測定が可能になり、測定値がより正確になります。

          イクステンドゴニオメーターは5色の透明色があります

        股関節の頚体角をイクステンドゴニオメーターで測定(蛍光バイオレット)

頚体角=130°

詳細はホームページの「商品紹介」をご覧下さい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サンハローはゴニオメーターや動作モニター計の設計・製作・販売を行っております。

コメント

コメントする

目次