排便にかかる時間

                      排便の問題を棒グラフで示します。

    対象者:233名 ➡ 頚損:161名(61%) 胸損:30名(13%) 腰損:36名(15%) 不明:6名(3%)

排便方法は損傷し方が、核上型および核・核下型によって異なる。

核上型では、①基本的には摘便する。排便(尿)中枢S2,3,4が生きているため ②排便反射を利用する。手袋を装着した指を肛門内に挿入し、外肛門括約筋や直腸粘膜(壁)を優しくゆっくりと円を描くように ③刺激して、排便反射を促す。

核・核下型では、①摘便を主体として、②局所的な蠕動運動の残存により排便が誘発されることがある。③残存する腹筋による腹圧を加えたり、時計回りに ④腹部のマッサージで結腸の蠕動運動を促進させたりすることで排便する。

              排便にかかる時間

15分以内が42% とかなり良い数字です   ②16~30分は19% ➡ ③30分以内が61%   ④31~60分は19%  ⑤61分以上が20%となった  ⑥31分以上が39%≒40%

15分以内が40%でかなり良い値ですが、30分以上かかる人が40%、60分以上かかる人も約20%もいることも注視すべきです。 排便に30分以上あるいは60分以上かかるというのは、かなりストレスになると推測できます。排便に時間が掛かると疲労も生じるしストレスにもなります。(14%の人が疲労感を覚えてる:「排便の問題」グラフ参照)

ちょっと、一息

ゴニオメーターの軸が伸縮するイクステンドゴニオメーターをご存じでしょうか?                これは、ゴニオメーターの基本軸と移動軸が自由に伸縮するため、関節の大きさに適合した長さのゴニオメーターで測定が可能になり、測定値がより正確になります。更に、両軸を伸ばすと最大長は53cmになり、大腿骨長も測れます。

          イクステンドゴニオメーターは5色の透明色があります                   

                               (実際の色とは若干異なることをご了承ください)

      足関節底屈をイクステンドゴニオメーターで測定(蛍光グリーン色)

                    底屈=38° 

詳細はホームページの「商品紹介」をご覧下さい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サンハローはゴニオメーターや動作モニター計の設計・製作・販売を行っております。

コメント

コメントする

目次