尿路管理

 尿路管理は排尿障害を持つ人に対して、適切かつ清潔な排尿法を会得することで、排尿の自立を促し尿路感染等を予防して、日常生活および仕事の自立が得られることを目的とする

原則(目的)

(1)腎機能の維持

  ①尿を溜め過ぎない : 尿の溜め過ぎは尿管逆流現象や感染のリスクが高まる。 ➡ 尿閉時では、適切に排尿をする

(2)尿路感染防止

  ①膀胱を含め尿路に細菌や異物等が入らないようにして、感染リスクを無くす

(3)本来の尿路の確保(カテーテルフリー)

  ①尿路感染症などのリスクを考慮すると、自然の尿路(カテーテルフリー)を確保するのがベスト尿路管理である。 早めのカテーテルフリーは日常生活の自立や社会復帰をもたらす。

ここで、一息

ゴニオメーターの軸が伸縮するイクステンドゴニオメーターをご存じでしょうか?                これは、ゴニオメーターの基本軸と移動軸が自由に伸縮するため、関節の大きさに適合した長さのゴニオメーターで測定が可能になり、測定値がより正確になります。

           Cobb法により脊柱側湾の湾曲度を測定したときの画像です

           蛍光オレンジ色のイクステンドゴニオメーター

           蛍光バイオレット色のイクステンドゴニオメーター

湾曲度=25°

詳しくはホームページの「商品紹介」をご覧下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サンハローはゴニオメーターや動作モニター計の設計・製作・販売を行っております。

コメント

コメントする

目次